残業が少ない電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 残業が少ない電気工事士の求人

残業が少ない電気工事士の求人

電気工事士の仕事は残業が当たり前の仕事です。一般的に求人などを見ると、朝8:00〜18:00などというような勤務時間が明記されていますが、これはあくまでも目安でしかありません。なぜなら、電気工事士の仕事には、必ず納期というものが決められており、その工程通りに仕事を完了させることで、信頼というものをクライアントなどから獲得していく仕事だからです。まだ工事が終わっていないのに、時間なので帰りますとは言えない仕事なのです。

電気工事を頼んだ側からしてみると、電気を使いたいから工事を依頼しているのに、今日は諦めて下さいと言われれば、もうその会社には依頼しないという選択を取るでしょう。ですから、クライアントとの信頼関係を築くためにも、納期までにしっかりと工事を終わらせることが前提になってくる仕事なのです。ですから、個人的に検索してヒットするような小規模な電気設備会社であれば、そこに明記されている勤務時間はあくまでも目安であり、仕事の受注量によって残業は当然にあり得ると考えておきましょう。

ただし、残業が当たり前の職種とはいえ、残業なしという求人も実際には存在しています。これは中大規模の電設会社などの求人がほとんどになりますから、リクルートエージェントなどの転職エージェントを上手に使うことで残業なしの転職案件と巡り会うことが可能になります。なぜ中大規模の企業に残業が少ないのかというと、企業の実績などが高いために、クライアントとの間に信頼関係が築けており、工程というものに余裕を持っていることが多いからなのです。

小規模の電気設備会社の場合には、まだまだそういった工事の受注を経て、顧客とのつながりを持ち、どんどんと仕事を発注してもらおうと営業も兼ねた仕事の請け方をするものなのです。ライバル会社よりも自社を選択してもらうためには、まずは工事費の安さという所と、やはり短期間で納期をすることでしょう。ですから、安く早くというものを売りにして営業をかける所が多く、その反動が現場で働く工事士に掛かってしまうという状況になるのです。

どうしてもこの時間で収めてくれという半ば不可能な要求をされることもザラですから、何とかそれに合わせるために、遅くまで残業をして電気工事を終わらせる必要があるのです。既に多くのクライアントを抱えており、信頼関係が築けている企業では、こういった仕事の請け方はせず、余裕を持った工程を組むことが多いですから、残業がないということになるわけです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.