休みがとれる電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 休みがとれる電気工事士の求人

休みがとれる電気工事士の求人

電気工事士の仕事は、繁忙期などで受注量が多い場合や、納期までの時間が迫っている時などには、なかなかに休みが取れない場合が多いものです。自由に休みが取れない所がほとんどというのが一般的な考えですが、それも自分が所属する電気設備会社によっては、休みを自由に取得することも可能です。例えば、製造業のプラントなどを主なクライアントにしているような会社であれば、土日に休みを取るのは困難になります。なぜならば平日は工場の生産が多く、そんな状況下では、なかなか自由に電気工事が行えないからなのです。

一般的に工場の休日は土日になっていることが多いですから、生産ラインなどがストップしていて、行動に制限のない土日に工事を行うことの方が、能率的にはベストと考えられるからなのです。電気工事には様々な加工を行う必要があり、金属粉やホコリなどが飛散します。食品を扱っていたり、精密機会を扱っているプラントの場合、混入しては企業の信用問題に関わってきますから、ラインが生産中に電気工事を行うのは、良い選択とはいえないのです。

このような事情があるため、製造業のプラント関連企業をクライアントにしている電気設備会社ならば、平日は下調べや他の案件を行なったり、休日にあてる。土日に重要クライアントであるプラントのメイン工事にかかるというのが一般的なのです。ですから、土日の休みが欲しいと思っているのであれば、転職をする前に、事前にその企業がどのようなクライアントをメインにしているのかを確認することが重要になってきます。

逆に平日がメインで土日が休日というような電気設備会社は、道路の街頭や高速道路の電気設備、信号機やトンネルなどの公共事業系の仕事をメインにしている会社。他にも住宅をメインにしているような会社は、割りと土日が休みになることが多いです。公共事業は役所関連であれば、前述にあるプラント関連の会社と同様に土日がメインになりますが、交通量などが多い土日はやはり混雑を避けるために、工事を行わないのが一般的です。

更に住宅関連も、住宅密集地などで休日の時間に大きな音を建てて工事をするというのは、近隣住民からのクレームにつながりますから避ける傾向があるからなのです。事前に確認するといっても、どういったクライアントがメインですか?などとはなかなか聞けませんから、リクルートエージェントなどの募集企業の業務内容や内部事情に詳しい転職エージェントを利用し、事前に確認する方法がベターなのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.