土日休みの電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 土日休みの電気工事士の求人

土日休みの電気工事士の求人

土日休みのようなカレンダー通りの休日を確保したいと思っている電気工事士の人がいれば、どのようなところで作業をする電設会社なのかを見極めることが大事です。基本的に電気工事はクライアントが仕事をしていない、稼働していない時を使って業務をするのが一般的です。ですから平日仕事のできるような現場の受注を多くとっているところかどうかを見極めましょう。

まず製造業のプラントをクライアントとしている電設会社があれば、まず土日休みは期待できないと思った方が良いでしょう。製造業のプラントは通常、平日を使って生産を行うからです。そして土日の週末になるとプラントが休日となりますので、この間を使って電気工事士は作業をする形になります。特に食品や精密機械の工場の場合、ラインが稼働しているときに電気工事をすることはあり得ません。電気工事はいろいろな加工をする工程が含まれます。その作業の中では、金属粉やホコリが飛散する恐れが高いです。もしラインを動かしているときにこのような作業をすれば、食品や精密機械に付着して、不良品を出荷してしまうことにもなりかねません。

では平日に電気工事の仕事ができ、土日は休日になる可能性の高い電設会社はどのようなところでしょうか?それは道路の街頭や高速道路の電気設備、信号機、トンネルといった公共事業系の案件をメインに受注しているところです。このようなクライアントを多く抱えているところは平日に作業をすることも多いです。土日になると一般家庭でも休日を使って行楽地などに出かけることもあり、交通量が増えてしまいます。そこでそれよりは交通量の少ない平日を使って工事をお願いする傾向があるわけです。

その他には、住宅の電気工事をメイン事業に据えている電設会社も土日休みになることが多いです。これは周辺の騒音を考えてのことです。閑静な住宅街で、電気工事を土日に行った場合、やはり周辺からのクレームを受けやすいです。電気工事は時として、大きな音を立てざるを得ない作業もいろいろとあります。たまの休日のんびりしたいのに、電気工事の音がうるさくて休めないといったトラブルが起こりやすくなります。

このようにどのような事業をメインに据えているかによって、土日休みになるか仕事をしなければならないかが変わってきます。そこで面接試験を受けたときに「何か質問はありませんか?」と話を振られるはずです。この時に「御社はどのようなクライアントをメインに抱えていらっしゃいますか?」と質問してみると良いでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.