夜間勤務なしの電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 夜間勤務なしの電気工事士の求人

夜間勤務なしの電気工事士の求人

夜勤というものがあるかないかは、電気工事士という仕事を選択する上で非常に大事なことではないでしょうか。夜勤はキツイし、とにかく周囲の人間との時間が合わないため、若い世代も嫌がる勤務時間ですし、その上で家庭をお持ちの方であれば、家族サービスやお子さんのイベント参加などに支障をきたすことからも、出来るだけ夜勤は避けたいと思っている方は多いのではないでしょうか。基本的にジャンルに気をつければ、電気工事士の仕事に夜勤といったものはありません。

逆に夜勤がよくある電気工事士のジャンルといえば、高速道路などの公共施設系の工事を主に担当している電設会社や電気工業といったところです。こういった場合、例えば高速道路であれば、日中は観光はもちろん、仕事でも利用をすることが多いため、交通量が多く工事をしていると渋滞を引き起こしてしまったり、工事をしている人間の安全面に問題があるとして、交通量の少ない深夜帯に作業をするといった所が多いのです。

他にも公共施設の場合には、日中は非常に利用者も多いことから、その時間帯にサービスを中止してでも行うというのは、様々な支障が出てくることになるのです。こういったことから、公共施設が動いている時間帯では電気工事は行わず、その後に行うことが多く、結果として深夜帯まで仕事が続くということも少なくはないのです。一般住宅やビルなどでも、工期の遅れがあれば、それに合わせることも大事なのです。

しかしながら、基本的には一般住宅やビルなどの場合には、周辺住民への騒音などの迷惑も考え、基本的には、17時や18時までとなっているため、一般住宅を中心として電気工事を行っているような企業であれば、当然に夜勤は存在しません。またこういった所では、日曜祝日なども休みといった所が多く見られています。こういったように、公共機関や営業時間というものが決まっている商業施設を主な取引先としているような電設会社では深夜勤務が多いと言えます。

ですからこれ以外のジャンルの取引先を主としているような電設会社であれば、問題なく日勤帯で働くことが出来るのです。転職エージェントに登録をすれば、主な取引先や夜勤の有無などを明確に確認することが出来ますから、活用していきましょう。何気に日勤帯のみという求人が多く存在していますから、特定の職種のように電気工事士という仕事において、そこまで求人がなくて困るといったことはほとんどないでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.