年収・給料が高い電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 年収・給料が高い電気工事士の求人

年収・給料が高い電気工事士の求人

電気工事士の仕事へと転職を目指す上で、やはり気になるのは、その年収ではないでしょうか。電気工事士の給与は、何気に他の職業と比較しても求人によって年収に差というものが出てくる職種になります。月の収入が十数万円というような求人から、年収換算すると700万円や800万円というような好待遇の求人まで本当に幅広いのです。出来ることならば、高収入の求人に巡り会いたいと思うのは当然でしょうが、どういった要素でここまで給与に差が出てくるのかを把握していないと、こういった待遇の求人に採用されることは難しいのです。

電気工事士としての価値というものを考えた場合、一番重要視されるのは、やはり現場経験です。電気工事士と一言で言っても、実に様々な現場が用意されています。ざっと説明をすると、マンションやアパート、マイホーム、などに関わる住宅系の施工。食品会社や自動車などの工場などの施工。飲食店やデパートなどの商業施設やビル系の施工。トンネルや信号機などの公共事業系の施工などが挙げられます。

またこのような工事内容の中でも、多くの工事案件が細分化されており、経験というものが豊富である電気工事士の方が当然に高い評価を獲得出来るのです。規模の大小にもよりますが、中小の電設会社などでは、これらのジャンルのどれか1つないし、2つにターゲットを絞って事業を行なっていることが多いため、一概にこのジャンルの工事さえ覚えておけば高収入を得られるという話にはならないのです。というよりも、覚えることが本当に沢山に存在します。

例えば、電線管の扱い経験でも、薄鋼と厚鋼、それぞれにネジ有り、ねじなしといった種類が存在しますし、サイズも薄鋼と厚鋼では呼び方や許容量も違ってきます。それぞれに収められる電線の本数や種類というものが違ってきますし、加工をするための道具も違ってきます。他にもCD管、PF管、FEP管、プリカチューブといった電線管が存在し、それぞれに使用条件に違いがあり、加工の仕方も変わってきます。これらの経験が豊富であれば、当然に高い評価を受けることになります。

また所属する企業によって、覚えておくべき知識や、求められるスキルというものは違ってきます。どのジャンルの電気工事士を目指すかによって、当然に年収も変わってきます。自分が目指すジャンルの電気工事が出来る企業へと転職をする。高い収入を得ることが出来る将来性の高い電気工事を行なっている会社を選択することが大事になってくるのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.