工場勤務の電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 工場勤務の電気工事士の求人

工場勤務の電気工事士の求人

電気工事士の仕事先と言っても、様々な分野が存在します。住宅メーカーや大手ゼネコンでもない限り、ほとんどの電設会社は、特定の分野に特化していることが多いものです。例えば、ビルメンテナンスならそればかりを行っていたり、家電量販店付きの電気屋さんならば、住宅専門になります。その一つに、工場勤務の電気工事士があります。分野が違えば、求められるものもまったく違ってくるのです。また、細かい分類をすれば、食品会社の工場であるのか、自動車工場であるのかによっても細かい違いが出てくるものなのです。

基本的に工場の電気工事士の場合には、一般的な住宅などと比較して、扱っている電力量が違っています。家庭用では100Vがほとんどですが、工場ともなれば、もっと大きな容量の電力を扱うことになります。工業機械などを動かす動力系の電気工事も多いですし、家庭用のものよりも、扱う電線の太さなどが違ってきます。そして高所作業が基本的には増加します。

一般家庭の場合には、そこまで高い場所での作業が発生することはありませんが、工場系の場合には、グランドラインから天井までが5メートルなんてことも珍しくありませんし、それ以上の工場もザラに存在します。安全に対しての高い意識が必要だということや、高所というものに恐怖感を感じないような精神力も必要になってくるのです。また、工場ともなればその規模もある程度になりますから、敷地内に一般道路に設置されているような街灯のようなものも設置されています。

こういった街灯のメンテナンスや電球を換える作業も必要になってくるため、高所作業車を扱えるライセンスが必要になってきます。こういった作業車を販売しているメーカーの研修を受ければ免許が発行されるという簡単なものですから、所有しておくことに越したことはありません。他にも工場の場合は、一般家庭とは違い、それぞれの工場単位での電力供給がされるようになっており、独自の電気室や特高といったものを所有している場合が多いのです。

このような場合には、高所以上にかなり細心の注意が必要になります。触れてしまっただけで、死亡事故につながるような高い容量の電気を扱うことになるため、第一種免許を取得していることも、工場系の電気工事士を目指すのであれば必要になってくる資格と言えるでしょう。このような特徴が他にもありますから、転職エージェントなどに登録をして、その特徴をしっかりと把握しておきましょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.