第二種電気工事士向けの求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 第二種電気工事士向けの求人

第二種電気工事士向けの求人

第二種電気工事士の資格を有している場合、個人レベルの転職活動でも十分に求人と巡り会うことは可能でしょう。未経験者も歓迎、学歴不問というのが、電気工事士求人の一般的な求人条項になっていることが多いですから、インターネットを個人的に検索しても、多くの求人がヒットすることになります。しかしながら、やはり第二種電気工事士の資格を有している場合で、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用した場合には、求人の幅が広がるというのは、言うまでもありません。

第二種電気工事士の資格というのは、取得するための難易度は、はっきり言って高くはありません。これは求人を掛けている各企業も当然に周知している事実なのです。基本的な配線工事や複線図の作成。また各電気工事に利用する材料の把握や施工に利用する各工具などを覚えておくこと。また、知識的には、中学生レベルのオームの法則や合成抵抗を求めるもの。さらにキルヒホッフの法則といった基礎的な知識を有していれば、問題なく試験にはパスすることが出来るのです。

第二種電気工事士という資格を有しているからといって、正直即戦力としては認められません。そこは未経験者とそこまで変わらないというような認識が強いのです。当然に第二種電気工事士の資格を有し、沢山の現場経験があるという実績があれば、問題なく即戦力として評価され、それなりの待遇で迎えてくれることになります。しかし、資格だけを有しており、現場経験が未熟というものであれば、未経験者にちょっと色をつけたような待遇になるというのが一般的です。

ポイントになってくるのは、電気に関わる仕事をしていくという前提で、最終的にどうなりたいのかということなんです。その後に現場経験を重ね、第一種電気工事士を取得し、現場中心で工事士として活躍をしたいのか。その先に電気主任技術者の資格を視野に入れ、将来的に発電所や変電所や受変電設備の管理や運用などを行っていきたいのかという思いを持っているのか。

他にも住宅の分野で。ビルやプラントの大規模施設をターゲットにしたもの。報知器などの分野。分電盤の作成や設置。公共事業等の分野など各分野で工事士として活躍したいという場合には、得ておくべき現場経験はまるで違ってきます。リクルートなどの転職エージェントを利用すれば、第二種電気工事士という資格を持っているだけで、選択先が広がることになりますから、将来のキャリアパスを設計することがしやすい転職先を紹介してくれることになるのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.