第一種電気工事士向けの求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 第一種電気工事士向けの求人

第一種電気工事士向けの求人

第二種電気工事士の資格を取得し、現場経験をある程度に積んだのであれば、第一種電気工事士の資格を取得すべきでしょう。電気工事士がまずは取得しておきたい資格として第一種電気工事士の免許は、非常にスタンダードなステップアップになります。第一種電気工事士の資格を取得すれば、電気事業用の電設を除けば、需要が高いほとんどの電気設備工事を行うことが可能になるため、求人の幅も広くなることは間違いありません。

こういったことがあるため、第一種電気工事士向けの求人は、非常に豊富に用意されていることが多いのです。仕事が出来る制限というものが、ほぼなくなるわけですから、現場で働く電気工事士としては、自分の経験や能力というものを遺憾なく発揮することが出来るのです。また第二種電気工事士資格を有してから、5年以上の実務経験がないと、一種の試験を受験することが出来ませんから、電気工事士としてのスキルや経験の判断基準にもなるのです。

つまり第一種電気工事士の資格を有している場合、即戦力としてみなされることになるため、即戦力の電気工事士が欲しい企業にも転職先が広がることになるのです。第一種電気工事士向けの求人としては、ビルや工場などの規模の大きな施設での電気工事を請け負っている企業が中心になってきます。第二種電気工事士では扱うことが許されない最大電力500キロワット未満までの設備工事が可能になるため、電力を大量に使うこういった規模の大きな施設での電気工事には必須の資格となるわけです。

特に中小規模の電設会社では、第一種電気工事士の資格を有している人材というものを欲する傾向が強いのです。なぜならば、仕事を引っ張ってくることができやすくなるからです。第二種電気工事士の場合は、どちらかというと人手不足というか、マンパワー不足を解消したいために求人をかけることが多いですが、第一種電気工事士の資格所有者の場合には、新しいプロジェクトや得意先開拓のためにどうしても欲しい人材となることが多いのです。

こういった事情がありますから、当然に待遇面での優遇も期待することが出来ます。それほどに第一種電気工事士が扱うことが出来る高圧というものは、企業にとっては魅力的なのです。普通に考えても低圧の場合は住宅などが主になり、基本的には個人レベルであり、そこまで大きな益が見込めません。しかし高圧の場合には、プラントやビルなどの規模が大きい企業そのものがクライアントになりますから、利益を大きく見込むことが出来るのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.