中卒可の電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 中卒可の電気工事士の求人

中卒可の電気工事士の求人

電気工事士へと転職するのに、学歴というものは、あまり重要視されません。現場で工事士として働きたいとは思わないというような方で、管理や監督業などをやりたいと思っている方であれば、ある程度の資格や学歴は重要視されますし、いわゆるゼネコン系の企業に転職をしたいというのであれば、この場合でも学歴は重要視されることでしょう。そういったものではなく、現場の電気工事士として働くというものであれば、中卒であっても、採用してくれるケースが多いものです。

中卒可の電気工事士の求人は、何気に多く存在しています。中卒可と明記されていることは、あまり見られないでしょうが、学歴不問としている所が電気工事士の求人には多いんですよね。なぜならば、いくら中卒者であっても、電気工事士としての現場経験があり、2種や1種などの工事士資格を有していれば、まったく現場経験のないような大卒者よりも、積極的に採用される可能性が高いですし、現場では重宝されることになるからです。

電気工事士という仕事は、あくまでも現場での実力が全てなのです。いくら大学を出て、電気工学などを勉強して、それらの知識を有していたとしても、現場でリングスリーブを手早く圧着することが出来なかったり、薄鋼をベンダーを使って綺麗にS曲げ出来ない。また、電気ドリルを使いこなすことが出来ない人間ならば、役立たずと判断されることになるのです。ここに学歴はまったく関係ありません。

他にもいくら学歴があったとしても、脚立を担いで長い距離を移動したり、高所での作業というものを安全且つスピーディーにこなすことが出来る。また幹線設置工事などであれば、325mm2のケーブルを何十メートルを引っ張るパワーと体力などが必要になってきます。電気工事士は頭を使う仕事ですが、同時に体力も相当に使う仕事になります。また受験勉強で使うような記憶力も大事ですが、様々な機転を利かせるというような頭の使い方が出来ないとお話になりません。

こういった事情を考えた場合、頭でっかちの大卒や、工業高校の電気科卒、また電気系の高専卒などというような人材よりも、まっさらでも現場でものを覚えておく意志があり、やる気があるような中卒者を採用する方が、会社にとっては利益になるという風に考える電設会社は多いものなのです。現場の実力が評価されれば、当然に給与や待遇面に関しても、高卒や大卒という人間よりも上の待遇を受けることが出来るのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.