エアコン工事の電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> エアコン工事の電気工事士の求人

エアコン工事の電気工事士の求人

電気工事士の業務内容としては、エアコンの取付に関わる仕事も存在します。一般的には大手家電量販店などと提携を結んでいるような企業への転職になるといえるでしょう。ただし、一般家庭のエアコンに関わる電気工事と、プラントや商業施設などに関わる電気工事では、まったくその施工方法も違ってきます。大きさや電力量というものも違ってきますし、建造物の構造などもまったく違ってきますから当然のことです。

またエアコンの場合、電気工事士だけでは設置することは出来ません。基本的には、空調屋さんとの連携が必要です。一般家庭の場合には、壁に背板を取り付けてそこに掛けるといった施工方法を選択しますが、プラントやオフィス、商業施設の場合には、天井に取り付けるケースも少なくはないのです。壁面につけるのか、天井に設置するのかによって、電気工事の施工方法も当然に変わってきます。

更には電源の問題もありますね。工場などの場合だと、空調の電源のスタンダードである200Vのコンセントが当たり前に設置されている場合は多いものですが、家庭用の場合には、新たにブレーカーを設置し、新しい回路を確保することが必要になります。近年では定電圧の電源でも十分に稼働出来るものもありますが、コンセントの回路を主に熱源を発生する電気機器を使用している回路と切り離す必要が出てきます。例えば、電気ポットや炊飯器、乾燥機といったものがそれに当たります。

ある程度に施工経験のある方であれば、問題なく仕事をこなせるかもしれませんが、まったく経験のない方や、畑違いの分野での施工経験しかない場合には、エアコン工事の知識というものを把握しておく必要があります。室外機と室内機との接続のための壁面に開ける穴などの加工は空調屋さんが担当することが多いですが配管が終わるまでに配線も一緒に行ったり、事前に終わらせておく必要があるのです。このようにエアコンの取り付けの場合には、空調屋さんとの蜜な連携が必要であるため、コミュニケーション能力も求められることになるのです。

実際にエアコン工事の電気工事士の求人は、電設会社というよりも、空調屋さんからの求人や、設備管理を一手に担っているような規模が大きめの企業から募集していることが多いです。やはり総合系の一手に担っているような企業は中、大規模な所が多いですから、給与や待遇面などは満足出来るものが多いのです。このような特徴があるということを、しっかりと覚えておきましょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.