60代の電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 60代の電気工事士の求人

60代の電気工事士の求人

60代と言えば、もう定年の世代ですよね。今までの長い勤労生活を振り返り、ノスタルジーに浸る世代です。もはや転職などを実現出来ると考え、目指すような方は、本当にごく一部の人間だけという世代でしょう。しかしながら、電気工事士という職種に関しては、まだまだ仕事が出来る人材として、転職が実現出来る年代なのです。電気工事士は、入職する際も年齢や学歴は不問の所が多いですし、継続性も高いという労働者にとっては、数少ない職種の一つになります。

60代での転職求人は、他の職種と比較すると存在しているものの、やはり守備範囲というものは非常に狭くなります。まず一般的な電設会社での現場要因としての需要は、あまりないと考えた方が良いでしょう。咄嗟の判断力や体力といったものが重要視される現場の仕事は、さすがに60代の方には向いているとは判断されないからです。これまでの経験から、監督業に専念するというような意味合いで需要はあるものの、転職をさせてまで欲しい人材かといえば、そうではないからです。

そこで60代の電気工事士の求人として多く見られているのが、分電盤や制御盤といったものの制作の仕事になります。この分野の仕事には、経験や器用さというものが重要視されるものであり、簡単な図面を自分で引けて、独自に盤を組むことが出来る方であれば、現場のように体力面を重要視されることもありませんから、60代でも需要が高い電気工事士の仕事になります。

ただしポイントになってくるのは、電気に関しての知識をしっかりと理解しているのかどうかということです。技術は第二種電気工事士の技術試験を10分程度で終わらせることが出来る器用さがあれば、及第点とされていますが、知識に関しては、第一種電気工事士の筆記試験や、電鍵3種の資格試験問題を見て、十分に理解出来るというくらいの知識は欲しいところです。理系の頭を持っていて、それにプラスした盤制作のセンスが必要だとされています。

現場で実際に分電盤や制御盤の設置や改造などをした経験があるという方であれば、尚更に重宝されることでしょう。なぜならば、現場では様々な場面でこういった作業が行われることになりますから、現場の人間の使いやすさというものを予め考慮して、盤制作をすることが出来るからです。こういった所は経験に裏打ちされたセンスになってきますから、工事士としての経験が非常に生かされる仕事になり、長年現場経験をしてきた60代の電気工事士には持ってこいの仕事だと言えるでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.