40代の電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 40代の電気工事士の求人

40代の電気工事士の求人

一般的に転職が難しいとされている40代での転職ですが、電気工事士という職種の場合では、求人事情はどのようになっているのでしょうか。一般的な職種の場合、40代ともなれば、転職に必要なのはやはり実績とマネジメント能力の有無ということになってくるでしょう。40代は完全に空間管理職の世代になりますからね。ですから、実際の実務経験にプラスして、部署をまとめたり、後進の指導を行えるといったようなマネジメントの能力が重要視されるものです。

電気工事の場合は、40代という年代は、バリバリの現場要因という認識が強いものですから、他の職種と比較して、そこまで実績というものが高くなかったとしても、転職を成功させることができやすい職種ではあります。電気工事が未経験であっても、土木や建築、玉掛け等の建設関係の資格を有していたり、現場経験や施工方法などを把握していれば、転職求人の幅も広がります。

電気工事士の仕事は、例えば住宅を建てる場合でも、電気工事士のみが現場にいるということはありません。大工さんがいたり、ボード屋さんや水道屋さんなど、一つの建築物に対して、様々な職業の人間が協力をしながら、効率良く一つの建築物を完成させます。ですから、電気工事の分野だけでなく、様々な職種の仕事内容や施工方法も知っておかなければならないのです。例えば一戸建ての住宅というものが、まず何から始まり、どういった工程を経て、1つの家として完成するのかを把握していなければ、住宅の電気工事士としては、失格ということになるのです。

つまり前述にあるような土木や建築での経験があれば、後は電気工事の知識を有すればいいだけになりますから、十分に通用するという風に判断されることになるのです。電気の分野も土木や建築の分野もまったく未経験で40代での電気工事士への転職は少々無謀と言わざるを得ませんが、求人がないかといえば、そうとも言い切れないのが現実なのです。

40代ともなってくるとある程度に現場での経験は重要視されます。というよりも、未経験でも採用されるものの、見習いという自分の立場や、薄給という状況が当たり前になりますから、どこまで自分が将来というものを考え、電気工事士として踏ん張り、様々な経験を積んで技術を吸収しようと前向きに頑張ることが出来るのかが問題になってくるのです。つまり転職するのは簡単ですが、継続させることが出来るのかといった所が40代での転職活動では重要になってくるのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.