20代の電気工事士の求人

電気工事士求人TOP >> 条件別の求人 >> 20代の電気工事士の求人

20代の電気工事士の求人

20代の電気工事士の求人は、非常に豊富に溢れている状況です。あまり年齢が気にならない職種であるものの、やはり体力勝負である部分が大きいため、20代に向けられた求人が多くなっている状況です。体力よりも技術といったイメージもあるかもしれませんが、定年を迎えるようなベテランの電気工事士の方でも、そこらの若者に普通に引けを取らないくらいの体力を有しているものです。技術は経験を積んで獲得していくしかありませんが、体力面は自身の努力と、やはり年齢がものを言うのです。

住宅専門の電気工事士の場合には、そこまで体力を求められることはありませんが、特にプラント関連の電気工事士や、公共事業などを主力の取引先としているような電設会社の場合には、体力のある20代を中心とした若い年代の電気工事士を募集していることが多いのです。住宅のように一つの決められたエリアでの仕事となるケースは少なく、広いプラントの様々な場所で仕事を行うことが常識だからです。

部材の搬入などでも、機械で運ぶことが出来ないという所も多いですし、そのような場合には重い電設資材を自分達が手で運ぶ必要があります。例えば、プラントの電設工事ではよくねじなし電線管をよく使用するものなのですが、よく試用されるE25という電線管でも重さは1本2.6kg。E31というひとクラス上のサイズのものになると1本で3.8kgになります。これを通常何十本と試用するのですから、10本ないし8本単位での塊を現場に肩に担いで手運びする必要があるのです。20kgから40kgの荷物を運ぶことが日課になるということです。

他にも幹線引きの仕事や、分電盤の設置、電気室関連の仕事には、体力が必要です。どのようなジャンルの電設工事を請け負っているのかという違いはあるものの、前述にもあるようなプラント関連の仕事や公共事情関連の仕事などを重としている企業の場合には、体力のある若者を中心に募集が掛けられていることが多いのです。

20代の電気工事士の給与についてですが、これも体力面同様に、どういったジャンルの電設工事を請け負っている企業なのかによって、まったく違ってきます。一般的な電設工事であれば、300万円前後といった年収ですが、通信機器関連の工事を主力にしている企業では、20代でも年収500万円オーバーも珍しくはないのです。自身のキャリアパスにもよりますが、転職エージェントに登録をして、どのようなキャリアパスを描くことが出来るのかをまずは調べてみることをオススメします。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.