電気工事士のスキルアップは?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士のスキルアップは?

電気工事士のスキルアップは?

電気工事士としてこれからキャリアを積んでいきたいと思っている若者は、もしかすると見習いとしていきなり現場に行ってしまうのがスキルアップをスムーズに行えるかもしれません。電気工事士になるためには、電気工事士試験に合格する必要があります。第1種と第2種の試験があるのですが、いずれも受験資格などは設定されていません。しかし第1種の電気工事士試験に合格しても免状を取得するためには実務経験が必要となります。電気工事士として実務経験を積むためには第2種電気工事士の免状を取得している必要があるので、第2種試験を受けて、その後第1種試験を受ける流れになります。

しかし見習いの場合、別に電気工事士試験に合格をする必要はありません。見習いの場合、できる業務の範囲は絞られます。しかし工具類を使っての作業などを任されることもあります。先輩に仕事のやり方を教わったり、先輩の仕事のやり方を見ながら参考にしたりすることで、スキルアップができます。見習いの期間中、給料はあまりもらえないと思った方が良いでしょう。また職人気質の先輩が多いので、指導に関しても時として厳しくなることも多いです。実際見習いで電気工事の現場に入ったけれども、仕事がきついので辞めたいと悩む人も結構いるようです。しかしこの時期は下積みと思って我慢して耐え忍べば、電気工事士としてのスキルは着実にアップしていきます。

電気工事士試験に合格して免状をとってから現場に入る方法もあります。この場合、確かに電気工事をするにあたっての専門的な知識・スキルは勉強を通じて身についているかもしれません。しかし机上の知識と現場の知識というのは時として微妙に違ってきます。ですから電気工事士の試験に合格してから現場に入って仕事をしても、戸惑うこともいろいろとあるでしょう。見習いの早い段階から現場に足を踏み入れていると、現場の知識やノウハウが身につき、電気工事士の試験に合格した時には実践的な知識・スキルが身についているので、どんどんキャリアアップも望めます。

ただしもし見習いから電気工事士を目指すのであれば、電気工事試験を受けるときにサポートしてくれるような電設会社に入ることです。次から次へと仕事が入ってくるような状況だと、なかなか試験勉強のできる時間を確保できません。試験対策の時間もしっかりくれるような電設会社もあります。またいろいろなクライアントを抱えているところの方が、幅広いスキルを獲得できるのでおすすめです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.