電気工事士は不足している?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士は不足している?

電気工事士は不足している?

電気工事士への転職を考えている方では、電気工事士の需要があるのかといった疑問があると思います。基本的に世の中が電気というエネルギーに頼っている以上、電気工事士の需要がなくなることはありません。地上デジタル放送が始まって、テレビアンテナの取り替え作業といったものも存在しますし、インターネットの普及でケーブル開通工事なども沢山に存在しています。また携帯電話やスマートフォンの電波塔などに関しても様々な仕事があるものです。

更にいえば、これからはガソリン車に変わって電気自動車にマイカーなどを変更するといったことも考えられていますから、ガソリンスタンドに変わる電気スタンドのようなものが出来るようになれば、そういったものに関しての工事も続々と登場してくることでしょう。そしてソーラーシステムなどに関しての設置工事に関しても、電気工事士の必要性は高まっているのです。こういったことから、電気というエネルギーを利用している以上、将来性に不安があるような職種ではないのです。

電気工事士の需要の高さは理解出来たと思いますが、それでは実際に電気工事士は足りているのかという話になります。はっきり言って現状では電気工事の数は不足しているような状況です。ですから2種電気工事士の資格を有していれば、それだけで電設会社を中心として求人と巡り会えることが可能なのです。年齢を重ねても、基本的には電気工事士として数々の施工経験がある場合には、引く手あまたの状態になることでしょう。

仕事が出来る人間が、電気工事士の世界では重宝されます。仕事が出来るというのは、仕事がキレイであることに加え、早いということ。その上で、様々な施工方法を把握しており、不測の事態になった場合にそれらを解決できるようなアイデアを出して施工を完成させることが出来るということが挙げられます。こういったものを資格ばかりをただ取得するのではなく、身につけていることで電気工事士としての価値が上がるのです。

ですから、出来れば多くの現場経験を積み、例えば住宅ばかりではなく、プラント関係も高速道路や信号機などの施工も出来るようになっておきたいところです。そこまでいかなくても、電気工事士の人員不足は非常に深刻化しており、東京エリアでは日給で3万5000円といった高額な待遇で求人を出している所も非常に多いのです。特に人員が不足しているジャンルをリサーチすれば、より待遇面が良い転職先と巡り会うことが出来るでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.