電気工事士の履歴書の書き方は?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の履歴書の書き方は?

電気工事士の履歴書の書き方は?

電気工事士は転職の成功率が高い職種の一つではあります。しかしながら、募集をかけている企業もどんな人間でもとにかく採用するといったような、売り手市場とまではいきません。こうした場合には、やはり履歴書の書き方などには、やはり注意というものを払い、しっかりと相手に自分というものをアピールしていく必要があるということです。どんな職種でも書類関係の不備は、印象を非常に悪くしてしまいますから、しっかりと作成することが大事になってきます。

リクルートエージェントなどの転職エージェントを上手に利用すれば、そこに在籍しているキャリアコンサルタントが、書類作成の方法は指導をしてくれたり、サポートをしてくれるものですが、出来ることならば、自分自身がしっかりとしたものを身につけておきたい所ですね。履歴書は初めて会う企業の人間への名刺代わりになりますから。

ポイントになってくる所は、履歴書を見た人間というものが、あなた自身が電気工事士として、どの程度の能力を持った人間であるのか。また、あなたという人間がどういった人間かを、ひと目で分かるように考慮をするということです。電気工事士という職種は、所属していた企業によって、様々な現場を経験しているはずです。ただし、全てのジャンルの工事をまんべんなく行えるといったことはなく、大抵の場合には、何かしらの工事に偏って経験をしているはずなのです。

採用者側からしてみると、自社がメインにしている種類の工事経験があるかどうか。また、自社の事業を新しく展開していくために、そういったジャンルの工事を経験し、ある程度の実績がある人間なのかどうかという所を判断したいはずです。ですから、前職の会社名だけではなく、従業員がどの程度の規模で、住宅関連の施工をしていたとか、見積もりや図面などの作成なども行なっていたのかというところは、細かく記入すべきでしょう。一般的な企業の履歴書のように、会社名や学校名を書き、入社と退社だけでは、相手にはまったく伝わらず、面接の手間になってしまうことにもつながるのです。

そして電気工事に関連する取得資格は、しっかりと明記しましょう。これもあなたがどの程度の工事士としての能力を持っているのかのアピールになります。第二種電気工事士はもちろん、一種を持っていれば記入し、ユニック、ユンボ、オーガ、高所作業車、玉掛けなど施工に役立つ免許を取得しているのであれば、しっかりと記入しておきましょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.