電気工事士のやりがいは?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士のやりがいは?

電気工事士のやりがいは?

電気工事士という仕事は、肉体的な負担があったり、頭をフル回転させたり、施工経験を積んで行ったりと決して楽な仕事ではありません。その上、給与が驚くほどに高給かといえばそうでもありませんから、厳しいと思う方が多いとは思いますが、やりがいの高い職種でもあるのです。典型的なものだと、自分が配線などを行い完成して通電した時に、電気がつき明るくなったり、工作物が動き出すといった瞬間の満足度は、何とも言えない満足を感じることでしょう。

電気工事の場合には、本当に様々な建築物を対象にしている職種になります。満足度というよりも、沢山の電気と関わりある建造物を施工することが出来るというものであるため、飽きないということも挙げられるでしょう。例えば住宅一つでもそれぞれの住宅メーカーによっては、施工の方法も違ってきます。更に信号機などの電気工事の場合には、また施工方法や考え方というものが変わってきます。

数多くのジャンルがあるため、またゼロから覚えるといった苦労はありますが、それをマスターしていけば、電気工事士としての高みに近づいていくことになるのです。日々自身が向上していく実感を沸かせることが出来るのも高いやりがいにつながることになるでしょう。他にも現場の種類が豊富であるということの他にも、ただ電気ばかりの知識や技術だけに留まることがないということも苦労でありやりがいの一つになります。

例えば住宅の場合には大工工事のようなことも行わなければなりません。ある意味で器用さを求められることになります。そこら辺の大工さんに比べても、大工工事が上手な電気工事は沢山に存在するのです。他にも電柱や信号機などを設置する場合には、穴掘りなどをすることも重要な仕事の一つになります。つまり建築というジャンルにおいての様々な知識や施工方法をマスターしておく必要があるのです。消防法などの法令などもしっかりと覚えておく必要もありますから、とにかく知識量は求められます。

こういったことを考えた場合、前述にもある通り、覚えることが山積みであり、経験によってしか得られないような技術もあることから、苦労は多いと思います。しかしながら、その分だけ一つ一つの知識やスキルを身につけていくたび、何かしらの作品が完成するわけですから、高いやりがいを感じられることは間違いないでしょう。何かを作ることが好きだという方ならば、かなりオススメ出来る職種と言えるでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.