電気工事士を辞めたい場合は?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士を辞めたい場合は?

電気工事士を辞めたい場合は?

電気工事士の仕事は、ジャンルにもよりますが、大変であることは多いです。基本的には覚えることが沢山にありますし、高所作業や電気といった危険なものを扱っているため、死と隣合わせといったプレッシャーもあります。仕事によっては深夜帯に働くこともありますし、土日も関係なく働くような職場も存在しているのです。こういったことから電気工事士を辞めたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは電気工事士を辞めたいと思ったら?という所にスポットを当てて紹介していきましょう。

まず基本的に電気工事士として所属している企業を退社したいと思った場合には、その企業の就業規則に従い退職願いを出すのがスタンダードな方法です。電気工事士の仕事というのは、得意先などのプラントや住宅メーカーなどから発注があって初めて仕事が生まれます。仕事の規模も大きいものもあれば、小さなものもあります。ですから、基本的にはその一つの仕事の工程が終了するといった区切りに辞めるというような計画で前持って会社に退職願を出すのが一般的です。

職人の世界ですから、違う企業に転職をしても、独立するにしても、各現場でたびたび顔を合わせる機会はあると言えます。ですから、立つ鳥跡を濁さずといったことをしっかりと意識して退職するのが一番です。施工もまだまだ何の区切りもついていないのに、放り出すような形で辞めてしまうと業界での評判は落ちることになりますから、転職するにしても独立するにしても、厳しい状況が待っています。

他にもどういったジャンルの電気工事を担当しているのかによっても変わってきますが、繁忙期というものが存在します。例えば、オフィスビルやプラントなどの場合には、夏休みや年末年始といった期間は何気に繁忙期になります。普段は止めることが出来ない電気室の作業があったり、大規模な設備工事が行われることが多いことからも、この時期に辞められると会社にとってはかなり痛手となる場合があるのです。

上記に記したようなことに注意をしながら、辞めるタイミングというものを考えて行動を起こしましょう。便利なのは転職エージェントを利用するということでしょう。転職エージェントのサポートは、転職先を紹介したり、転職ノウハウを指導してくれるだけではないのです。退職に関しての手続きや交渉といったものも、代行してくれるサービスがありますから、こういったものを利用して、円満退社が出来るようにしていきましょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.