電気工事士が海外に携われる?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士が海外に携われる?

電気工事士が海外に携われる?

電気工事士の求人情報を見ると時たまではありますが、海外で仕事のできるような募集も出ています。日本の電気工事の技術は世界の中でもトップレベルといわれています。そこで特に発展途上国などに赴任して、電気工事の仕事に携わるというケースもあります。もし電気工事士として海外で勝負してみたいと思うのであれば、海外勤務ありの案件を探してみると良いでしょう。電気工事士で海外勤務などのキーワードで検索にかけてみると、時々ヒットする案件も見受けられます。

電気工事士で海外勤務をする場合、語学力はやはり必要になるでしょう。しかし電気工事士の技術力の方が海外勤務をお願いするときに重視されます。ですから語学力に関して、たとえばTOEICで700点とか800点といった高いスコアを要求されるとか、ビジネス英会話レベルの話ができないといけないといったようなことはありません。また先ほども紹介したように電気工事士で海外勤務をする場合、発展途上国の仕事であることもままあります。ですから英会話のスキルはそこまでハイレベルのものは必要ないでしょう。日常会話が問題なくできるレベルであれば、十分仕事ができるはずです。

もし海外勤務もある電気工事士の求人に応募するのであれば、主にどのような国に派遣され仕事を担当することになるのかをチェックしてみると良いでしょう。英語以外の言語を日常会話程度の話でできるという人はいませんか?もしその言葉の話されている国への赴任実績のある電設会社であれば、その語学力を面接の時などにアピールしましょう。そうすれば、即戦力として海外で働いてもらえると採用担当者の評価も上がって、採用の可能性がアップする可能性も期待できます。

ただし今まで海外で生活したことのない人は、十分注意すべきこともあります。発展途上国の場合、政情的に不安定なところも多いからです。このため、日本と比較すると治安がかなり悪いところもあります。また最近では世界中でいろいろなテロの脅威というものもあります。実際海外で勤務している日本人がこのようなテロに巻き込まれてしまう事例も見られます。そのようなリスクも十分に念頭に入れたうえで、海外勤務をするかどうか判断をしましょう。家族のいる電気工事士で、海外で勤務できるような案件があれば転職したいと思っている人もいるでしょう。その場合には家族にしっかり話をして、理解を得ることが大事です。一緒についてくるか、単身赴任するかなども話し合っておくべきです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.