電気工事士の志望動機の書き方は?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の志望動機の書き方は?

電気工事士の志望動機の書き方は?

電気工事士もほかの職種同様、目ぼしい求人情報を見つけたのであれば、履歴書や職務経歴書を作成して応募する必要があります。電気工事士は市場のニーズも高い職種ではありますが、電気工事士であれば何でもかんでも採用してくれるほどの売り手市場ではありません。履歴書や職務経歴書で有効なアピールができるかどうかが、転職活動を成功するかどうかの一つのカギになります。その中でもとくに重要なのは、志望動機です。なぜ電気工事士を志しているのか、なぜうちに入社したいのかということは採用担当者もかなり関心を持っています。

履歴書などを購入すると、書類の書き方が掲載されているものが多いです。その中で志望動機についても、例文が書かれています。この例文に少し加筆したような内容であれば、どんなにその電気工事士にキャリアやスキルがあってもなかなか採用されないでしょう。ありきたりの文章は採用担当者が見れば簡単にわかってしまいますし、転職への熱意が足りないということで人気の募集であれば書類選考の時点で落とされてしまうかもしれません。自分なりに考えた、オリジナルの文章を作成するように心がけましょう。

中途採用の志望動機であれば、自分の今までの経験を、どうやればその応募先の会社で生かせるのかを考えるべきです。そこでまずは電気工事士としての自分のキャリアを振り返ってみましょう。そして電気工事の中でも公共事業や工場、住宅などどのジャンルにおける経験が豊富にあるかを考えましょう。そして今度は応募先の事業に関する情報を収集することです。どのようなジャンルに強みを持っているのか、どのような経営方針・ポリシーで事業を行っているかをチェックします。このような情報は会社のホームページの会社概要などに掲載されているので、さほど情報収集するのに苦労することもないはずです。

両者を組み合わせて、「自分の今までの経験を御社であれば生かせると思ったから」とか「会社のこの部分の企業理念に共感したから」といった感じで志望動機を作成すれば、採用担当者に対する説得力も違ってきます。またどこかから引っ張ってきたような文章ではなく、自分で考えて志望動機を作成していることが採用担当者に伝われば、熱意のあることのアピールにもなります。ちなみにこの志望動機は面接試験の時にも質問されるかもしれません。履歴書などに書かれている内容と一致しないとまずいので、書類を作成したらコピーをとって、面接試験前にどのように書いたのか一度確認しておきましょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.