電気工事士の中高年の転職は?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の中高年の転職は?

電気工事士の中高年の転職は?

通常年齢が上になればなるほど、転職先がなかなか見つからない傾向があります。そもそも求人数が多くありません。しかしその中でも電気工事士に関しては、例外の珍しい職種といえるかもしれません。電気工事士を見てみると10代から上は60代といった感じで幅広い年代の人が活躍しています。40代とか50代といった、他の職種であればなかなか募集自体がない中高年でもかなり多く求人情報が出ています。中高年に差し掛かったから転職に興味があるけれども実際には難しいだろうとあきらめている人もいるかもしれません。しかし中高年でも電気工事士はまだまだ十分転職できるチャンスはあると思いましょう。まずはインターネットなどを使って、求人情報の収集を進めることです。

電気工事士の場合、採用にあたって経験を重視するところは多いです。まさに中高年のそれまでの経験を求めているのです。特に大きな規模の現場の受注の多い大手の電設会社で、中高年のベテランの電気工事士を求める傾向が見られます。このような大規模の現場になってくると、まとめ役の親方さんのような存在がどうしても必要です。現場のスタッフと同じような年代の電気工事士が親方になっても、なかなかほかの人間が言うことを聞かないかもしれません。しかし中高年の自分の親にむしろ近いような人が親方になって、現場ににらみを利かせれば、現場の統率もとれ、スムーズに作業を進められるでしょう。

電気工事経験の豊富な中高年のベテランの電気工事士が入ることで、例えば現場監督とのパイプ役になって、今後の工事の進め方について意見調整をします。そして20代とか30代の若い電気工事士に対していろいろと指示を出して、スムーズに工事を進めていくという重要な役割を担います。もしこのような現場監督と電気工事士との間のつなぎ役の経験があれば、その部分を面接の時などにアピールしてみると良いでしょう。現場監督からの指示と電気工事士の意見を調整するのは、けっこう大変です。そのような経験の豊富な中高年の電気工事士はどうしても欲しいと考えている電設会社は多いと思いましょう。

中高年の電気工事士が転職活動をする際には、自分のキャリアの中でもどこを重点的にアピールすれば、採用担当者があなたのことを欲しいと思うかを考えることが大事です。電気工事士としての経験ももちろん重要ですが、リーダー役やまとめ役としての経験をしっかりPRすれば、採用される確率も高まるでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.