電気工事士の自己PRは?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の自己PRは?

電気工事士の自己PRは?

電気工事士として転職をしたいのであれば、履歴書などの書類上はもちろん、面接の際にも自己PRを行なっていくことが重要です。何気に電気工事士の転職の場合には、現場などで知り合ったツテなどを使って、引き抜きに合ったり、逆にこちら側からお願いをして、転職をするというのが一般的な方法です。しかしながら、やはりこういった口約束的な転職の仕方は、待遇面などでトラブルなどになりやすいため、あまりオススメ出来る方法ではないのです。

それにもしも入職後に不満などがあっても、おいそれとまた転職をすることもできづらくなってしまいますから、電気工事士としてのキャリアがしっかりとあるのであれば、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用して転職をすることをオススメします。こういったものを利用すれば、当然に履歴書を作成し、面接に赴くことになります。そこで重要なのは、やはり自己PRです。

自己PRというものを考えた時は、どういった人材が電気工事士として高い評価を得ることが出来るかを俯瞰的に見ることが大事になってきます。電気工事士として多くの企業が欲しがる人材は、やはり実務経験が豊富な人間です。そしてアイデアを出すことが出来る人材。更に営業力の高い人材。好かれる人間性というものを持っている人材などが挙げられるでしょう。こういったものをしっかりと文字に起こして履歴書に記入すること。また面接の際には、相手に伝えることが大事なのです。

他にもこれまでどういった経緯でどのようなことを行なってきたのかということはしっかりとアピールすべきです。同じ電気工事士として、転職経験があるのであれば、どうして転職を希望したのかということも十分な自己PRにすることが出来ます。当然に工事士として沢山の現場経験をしたいからというようなキャリアアップ目的での転職をしたということをアピールすることが良いでしょう。第一種電気工事士の資格を取得しても、企業によっては、そういった案件を引っ張ってこれない所もありますからね。

こういった転職経験を使うことも良いですし、後はやはり資格です。第二種電気工事士から第一種電気工事士。さらに、電気工事施工管理技士の資格取得を目指しているというようなこと。他にも範囲を広げるために消防設備士の資格取得などを取得したなどというようなことがあれば、向上心の高い人材として、かなり高い自己PRになりますし、採用者側も好印象を抱くことになるでしょう。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.