電気工事士の面接対策は?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の面接対策は?

電気工事士の面接対策は?

電気工事士の求人に応募して、書類選考をクリアすれば、たいていのところが次は面接という形になります。面接試験ですが、どのようなところに注意をすべきでしょうか?まずは服装についてですが、他の職種と同様、スーツを着用するのが無難でしょう。インターネットの電気工事士の採用試験を受けた人の体験談の中には、昔ながらの職人のような経営者で「スーツを着ている人間は信用できない!」といわれてしまったといったことも書かれていました。このような癖のある業者も中にはあるかもしれません。しかしやはり社会人として、スーツで面接に臨むのがおすすめです。

面接当日ですが、早めに自宅を出るようにしましょう。相手は仕事の時間をわざわざ割いて面接をしてくれるので、遅刻など絶対にあってはなりません。しかし例えば電車が事故などで止まってしまって身動きが取れなくなってしまうことは十分考えられます。そのような時のために、相手の連絡先は持って外出しましょう。もしもそのような不可抗力の事故に巻き込まれてしまって、設定されている面接の時間に間に合いそうにないのであれば、速やかに連絡を入れましょう。このような社会人として必要な真摯な姿勢を見せることで、遅刻のマイナスを払しょくできます。

電気工事士の面接試験ですが、質疑応答方式で進められます。この時「なぜ当社を志望しましたか?」とか「前の職場を辞めた理由は何ですか?」といった定番の質問があります。このような質問にはすぐに答えられるように準備しておきましょう。「その場で答えられるだろう」と思っている人もいるかもしれませんが、油断は大敵です。面接試験の場は一種異様な雰囲気があって、その場に圧倒されてしまう人も結構多いです。その結果頭が真っ白になってしまって、答えが全く思い浮かばなくなってあたふたしてしまう人も多いです。ですから答えをあらかじめ準備することは大事です。

また面接試験の最後に「何か質問しておきたいことはありませんか?」といわれることが多いです。この時当然のことですが、「なにもありません」はNGです。転職への熱意が疑われてしまいます。質問も準備しておきましょう。質問をする時には、ホームページなど事前に調べれば誰でも分かるようなことは聞かないことです。「そんなことも調べていないのか」とマイナスに評価されてしまいます。「自分のような中途入社でどのようにステップアップできるか、実例も交えて教えてくれませんか?」のような質問は、自分が入社した後のことを考えていて熱意があると高く評価される傾向があります。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.