電気工事士の中途採用は多い?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の中途採用は多い?

電気工事士の中途採用は多い?

同業他社からの転職でも、異業種からの転職でも、電気工事士の転職は中途採用も積極的に受け入れている傾向が高いです。大手のゼネコン関連の企業の場合には新卒者の採用を積極に行なってはいますが、一般的な電設会社の場合には、むしろ中途採用を積極的に行なっている傾向が強いとされています。小規模な10人未満の会社であれば、ほとんどがツテで中途採用者を採用しているケースが多い業界です。

例えば一つの現場で別の電設会社と共に仕事をしていて、その人間のスキルや人間性を気に入ったというパターンですね。所属している会社の待遇に不満があったりすると、引き抜きなんてものをして自社に採用するといったケースが多く見られます。他にも、夏休みなどの繁忙期に、工業高校などからアルバイトを雇い、サポートの仕事をさせて、卒業後に採用をするといったものも、小規模な会社に多く見られる採用方法です。

中規模や大規模の採用は、やはり求人媒体を使って求人を行うのが一般的です。この場合でも、抜けた人材の補充などで中途採用者は何気に積極的に行なっていることが多いものです。中途採用が多いのは、やはり電気工事士という職種は、もともと職人の世界ですから、一般的な職種のように手取り足取り教えてくれるということはないのです。忙しい現場であれやこれやと質問をすれば、そんなものは盗んで覚えろと怒鳴られるのがオチなのです。こういった環境についていけないと離職をしてしまう人間も本当に沢山いるのです。

他にも施工の仕方は、それぞれの電気工事士によって違っているのが当たり前なのです。例えば同じ照明工事で同じようなシチュエーションであるにも関わらず、先輩の一人はこんな感じの施工をする。しかし、違う先輩と同じような現場に行ったら、まったく違う施工方法を選択するといった具合に、初心者にとっては、頭を悩ませるような状況が多々起こるのです。これも、様々な施工方法を目の前で見ることができ、自分の引き出しが増えるということなのですが、その都度、やり方が違うと怒鳴られると、正解が見えなくなり、限界というものを感じてしまうのです。

現場の状況に応じ臨機応変に動かなければならず、施工方法の選択には本当に柔軟な頭が必要になってくるのです。柔軟さがある人間でなければ、中途採用で応募をしても、なかなかに採用されるケースは少ないかもしれません。こういった事情があるがゆえに、離職者も多くなってしまうことから、中途採用者も一定して需要が高い職種でもあるのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.