電気工事士の多い募集時期は?

電気工事士求人TOP >> 電気工事士の求人探しのFAQ >> 電気工事士の多い募集時期は?

電気工事士の多い募集時期は?

どんな職種でも、転職時期というものは存在しており、その業界や職種の特徴によって、求人が増加する時期や逆にまったく求人が出てこない時期というものが存在しているものなのです。電気工事士という職種に関しても、これは他の職種にもれず同じことが言えますから、もしも転職活動を行い、転職成功の確率を高くしたいと思っているのであれば、やはり電気工事士の転職求人が多い募集時期というものを狙って転職活動をするのも一つの方法でしょう。

電気工事士の場合、年齢にもよりますが、30代前半くらいまでは、現場経験や資格の有無といった部分はあまり重要視されないということもあり、若い年代であれば、未経験でも、こういった時期をそこまで意識していない転職活動で、転職を成功させることが可能です。しかしながら、年齢をある程度に重ねているような方であったり、より待遇面を良くしたいと思っているような場合。また、電気工事士としての新しいジャンルの電気工事にチャレンジしたいというようなキャリアアップのための転職の場合には考慮するべきでしょう。

基本的に電気工事士の求人が多くなるのは、やはり工事の発注量が増える年末時期の前になります。公共事業系の工事を請け負う企業も、住宅関連の企業も、プラント関連の企業も、やはり年末になると猫の手も借りたいと思うほどに忙しくなります。ですから、年末工事の受注や見積作成、入札の結果というものがある程度に分かってくる1、2ヶ月前ほどには、仕事量に比例して求人が多く出てくるという傾向が見られています。

1、2ヶ月もあれば、未経験者であっても、ある程度のリハーサルは行うことが出来ますし、十分に実際の工事の時期には、戦力として使えるようになるはずです。こういった目論見がありますから、年末の2ヶ月前である10月あたりから求人が豊富に見られる傾向が強いのです。他にもプラント関連の電気工事を主としているような企業であれば、7月や8月の時期に求人が豊富に見られるようになります。

これはどういうことかというと、工場が夏休みに入るからです。年末年始もそうなのですが、工場が止まるという状態になれば、普段工場が動いている時に手を付けることが出来ない工事を制限なく行うことが出来るのです。こういったことがありますから、夏休みの期間や年末年始という期間は、大型の工事が発注されることが多く、同時に人手も必要になってくるのです。特高などの電源を落とすことも出来ますから、点検作業、電気室の清掃などの要因で求人が豊富に出てくることになるのです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.