電気工事士向け求人サイトランキング

電気工事士の求人を探すポイント

電気工事士としての転職の場合にも転職サイトは大変便利です。例えば、リクルートグループの運営するリクルートエージェントでは、電気工事士の求人も多く、好条件の非公開求人も保有しています。

他にも、履歴書などの必要書類の書き方から面接対策まで、きめ細かいサポートが受けられるので転職成功率もぐっと上がると評判のサービスです。

電気工事士の利用者が多い「転職サイト」比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数が圧倒的に多く、大手から中小規模の電設会社の求人を網羅!全国に拠点を多く持っていることから、全国どこでも電気工事士として働ける環境が整っています。年齢性別を問わず、求人が見つからないということはまずないですし、何よりも条件の良い求人が豊富。リクルートという知名度の高さが抜群で、数多くの転職実績があるからこそ、我儘な条件での転職も実現可能!転職後の給与アップやキャリアアップは間違いなしの転職エージェント!
マイナビエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
多くの企業の新卒者採用サポートを行っている新卒者や第二新卒者の転職サポートに定評のある転職エージェント!電気工事士資格を保有していない方はもちろん、業界未経験者なら必携の転職エージェントです!大手ゼネコンなどへの転職を目指すなら、書類通過率が業界でもナンバーワンとされているマイナビエージェントで転職ノウハウをきっちり身につけよう!求人数も常時2万件オーバー。特に首都圏や都会エリアの電気工事士転職にはオススメのエージェント!
DODA
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
IT職に強いというイメージがあるエージェントですが、実際にはトータル的なエンジニア職に強いエージェント。電気工事や機械工などのITエンジニア以外の転職求人も豊富に保有しており、非公開求人の多さは業界トップクラス!とにかく所属しているキャリアコンサルタントの室の高さと、各業界、各職種に関しての年収や離職率、職場環境などのデータが豊富なコンテンツがウリ。登録した転職希望者の満足度が格段に高い転職エージェント!
type
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職サポート力に定評がある転職エージェント!求人数こそ業界の中では、中小規模であるものの、自身のこれまでの職歴や取得資格、施工経験などを入力しておけば、各企業からアプローチが受けられるスカウト機能の評判が高く、土日もなく働く時間の少ない現職の電気工事士の方にはオススメ!東京、大阪、名古屋といったエリアの電気工事士求人に強い。情報収集能力と、それぞれの人材の市場価診断には定評があり、電気工事士としてのキャリパスの生成をするならココ。
キャリコネ
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
推奨度 ★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
急成長を遂げている転職エージェント。電気工事士の求人には絶対的な強さを持つ。電気工事士の転職成功率が高く、この転職エージェントの得意職種の一つと言える。電気工事士として転職成功確率を上げたい方や給与アップを目指したい方であれば、必携の転職エージェント!

電気工事士の求人事情

電気工事士という職種は、特殊な知識を有していなければならない専門職です。電気工事士という職業を転職職種として考えた場合、これほどに未経験者に開かれており、入職しやすい転職職種もないといえるのではないでしょうか。実際に様々な求人媒体などを見てみても、電気工事士の募集は景気の良い悪いに関わらず一定数見られているという状況なのです。

一般的に電気工事士という職業は、第二種電気工事士試験に合格し、資格を有していないと、電気工事士としての施工を行うことは出来ないのです。ただし、電気工事士の資格を有していなくても、歓迎という求人案件は非常に多いものです。なぜならば、現場経験を積みながら資格試験をパスするといった方法を取ってくれる所が多いからなのです。絶対に求人を応募する前に取得しておいた方が良いという資格は普通免許くらいでしょう。様々な現場や部材の購入や搬送等を考えた場合、トラックでの移動は必須になりますから、逆に工事士免許を持っていても普通免許を持っていないとお話になりません。

どうして電気工事士関連の資格が沢山にあるにも関わらず、工事士関連の免許を取得してなくても、どうして採用をしてくれるのか?それは現場経験が全てだからです。免許は所詮は最低限の知識や技術でしかありません。現場で電気工事士として働くための全てが詰まっているものではないのです。資格取得というものは、あくまでも最低ラインであり、それよりも早く職場に入り、現場経験を積んでくれた方が、会社によっては利益になると判断するのです。

現場経験を積みながら、資格取得のための勉強は簡単に行うことが出来ます。例えば、二種電気工事士の資格試験は筆記試験と実技試験に分けることが出来ますが、筆記試験は過去問題をいくつかこなせば十分に知識を得ることが出来ますし、実技試験の場合でも、現場経験を積み、少しテスト用のトレーニングをするだけで、十分に合格ラインに達するための技術を身につけることが可能なのです。

逆に電気系の高校や大学なんてものを出て、資格は取得しているものの、それまで現場経験がないという方であれば、自分が思うほどに評価はされないということでもあるのです。資格を取得しているというだけでは、現場では役に立たないというのが、一般的な電設会社の考えです。現場の種類や工事の種類などをいくら経験してきたのか。施工経験がどのくらいにあるのかが評価につながるポイントなのです。

TOP

条件別の電気工事士の求人

電気工事士の求人探しのFAQ


Copyright (C) 2016-2017 電気工事士向け求人サイトランキング All Rights Reserved.